【引きこもり】静かなとき【引きこもり】独りよがり

2019年07月21日

【引きこもり】選挙で自己矛盾が見える

選挙があると
己の矛盾が見えてくる


例えば、年金問題・・・

個人的には誰でも
早期に(何なら40歳から)
できるだけ大金(月50万円くらい)を受け取り
それが死ぬまで続く方が良い

でも、これで世の中が
適正に回っていくのか?
回る訳がない

老人ばかりで
相対的に若手が少ない
この日本社会で

しかも、一部を除いて
稼ぐ力まで無くしつつある
会社が増えている中で
下手をすると
年金の原資を作る
将来の当てさえない

このような状況で
何時まで今のような
年金制度を
まかなうことができるのだろうか?

だとすると
年金は生きるのに最低限のお金を
できるだけ高齢になってから
受け取るのが良い・・・となる
皆で少ない原資を分け合うのだ


最悪なのは、この選択をしても
今のままなら
日本が力を無くして
財政が破綻するかもしれない
時代だ

もしかすると
破綻するならばすればよいと
いう人もいるだろうが
これでよい訳はないだろう

そんな世の中の末路は
弱者は益々・・・
ということにもなりかねない
これは避けたい


年金問題・・・
己のことだけを考えたとき
社会全体で考えてみたときで
かなり相違がある

選挙では
各党は公約を掲げている
それが基準となる
自分に比較的近い考え方は?

こんな感じで
いつもそうだが
選挙のときに
自分の頭の中を
整理するようにしている

しかしながら
年金ひとつとっても
現状のままでは何とも難しい

無年金者には、生活保護制度が
あるだろうが、財源は結局同じ・・・
このままいけば国が
破綻する可能性すらある

もっとも、国は
年金支給開始年齢を上げ
年金額を減らし
働き手を増やす政策を
進めるだろうし
テクノロジーの進化には
期待できる

今のままの技術レベルなら
将来は暗いが
それは無いだろうと信じている

fe9a90ac.gif



shutokenmogura at 12:06│日記 
【引きこもり】静かなとき【引きこもり】独りよがり