2020年01月

2020年01月26日

【引きこもり】識者の見解を引用

最近は

引きこもりに関して

ネットや各誌の記事で

とりあげられている


引きこもり志望者として

興味が向くため

目にする機会が結構ある


そこでは

引きこもりの第一人者の

意見、見解を引用するケースがみられる


ある第一人者の意見で

目を引くのは、以下の論旨である



はじめに

・引きこもりは、一種の社会不適応であり
 単なる怠け者でも、精神疾患でもない

・医療に適さないので、むしろ難しい問題である

とあった



そして

・引きこもりは、日本に200万人以上はいるだろう

・そのうち、中高年の引きこもりは半数だろう

・生きるために働かないといけないという発想が
 彼(彼女)らにはない


その第一人者は、引きこもりという事実を

客観的にとらえて

出来るだけ正確に

世の中に伝えようとしているのだろう


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


shutokenmogura at 06:01|Permalink日記 

【引きこもり】健全な生き方

健全な生き方とは、何だろうか?


人それぞれ思い浮かべるだろうが


ある基準で考えると

1)心身ともに自立しており

2)経済的にも自分の力で生活でき

3)生きて行くために必要な他者との交流ができる

4)そして、法を犯さない

こんなところだろうか?


大きく違っているだろうか?

公的な学びの場、つまり小学生で学んだ

最大公約数的なところを思い描いてみた


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村


ひきこもりランキング




shutokenmogura at 05:04|Permalink日記 

2020年01月25日

【引きこもり】でも分かり合えない

人は、人の間で生きて行く

だが、残念だが

互いに分かり合えないこともある


ひとつには、いろいろな利害関係があるために

自然な交流を難しくしているだ


そうはいっても

諦めるは早いとも言える


利害関係があるからこそ

付き合いが進み、深まることもある


ときに利害関係を冷めて眺めながら

ときには、そんな関係を

うまく使いながら

あるときは、そこから離れながら

いろいろな付き合いをすればいいのだろう

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


shutokenmogura at 17:14|Permalink日記 

【引きこもり】人と交流する

人の好き・嫌いはある

それは、それとして

やはり、誰でも人は

人と交流して生きて行く

それが、進化の過程で

必然となったのだとしたら

それに抗うのは自然ではない

人は、自然な存在、生き物なのだ

人という生き物が

人の間で生きて

社会を形成するよう仕組まれているなら

自分なりに、人と関わっていく

それが、自然だろう

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


shutokenmogura at 16:56|Permalink日記 

【引きこもり】人の好き嫌い

もし、人が嫌いだったらどうするか?

どうも、こうもない

嫌いなままでいるしかない


しかし、人と居たくなったら

どうするか?

どうも、こうもない

そんな人を探すしかない


だが、この強弱が過剰であったり

好き・嫌いのインターバルが

かなり短かったりすると

多くの場合

他の誰かとは、合わないだろう

上手くいかない


そうならば、工夫が必要かもしれない

自分で、そんな特性を薄められる人はいい

そうでなければ世界は広い

色々なケースがあるのだから

参考にしたり、専門家に聞いてみたり

してもいいのかもしれない

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


shutokenmogura at 14:44|Permalink日記