世をあげて引きこもる【引きこもり】何処へ向かうのか

2021年02月21日

【引きこもり】大盛麺との格闘

身銭を切って、外食に行く

そんな行為は、忌み嫌う行為であるといった印象があるかもしれない


もっとも、人によっては、日常のごく自然な行為かもしれない


では、私自身はどうであろうか?

確かに、外食は、コストパフォーマンスが悪い

美味しいご飯は自宅でこそ、といった気持ちもある


それでも、適度に外食を混ぜるのだが

最近、過去にあまり類を見ない大盛麺との格闘があった

予期しない量、そんな量を感触する自分との格闘である


注文品を残せば、店に失礼に当たるだろう

なぜならば、大盛は、普通盛との量は歴然であるのに

価格は、そんなに変わらない

これは、お店の好意なのだ


食し始めてほぼ半量の時点で、脳が後を受け付けない

そこから水を飲んでの格闘となる

時々、水と共に麺を流し込む

このような事は、過去にはなかった

半量との格闘が続く

水を飲み、脳を落ち着かせて、さらに食す

そして、格闘は終わった


食した後は、思ったよりも胃が大きいらしい

内蔵がおかしくなることもなく消化となったようだ

生き物としての傾向なのだろうか


だから何なのだ?

そういう事もあるが

ここには生理的欲求、経済的な支出、美味しさ、店の好意など

いろいろな事が、一気に押し寄せる瞬間であったようだ


列記するなら、こうなる

コストパフォーマンスに劣る外食への嫌悪

それでも時間をかけて店に出向く

SNSで注文品を事前確認してみる

極端に大盛でも安く提供するお店の良心を感じる

大盛に挑戦してみたい気持ちに負ける

未だかつてない、飲料水による流し込みを経験する

そして、単純に食し始めて前半戦までは美味しかったこともある

後半戦、大盛を注文したことに後悔しかなかった


振り返れば、これだけの事が起きたのだ

外食もいろいろのようだ

ほかの来店客も、いろいろな思いを抱いて食し

帰路についていっただろう


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村


ひきこもりランキング

shutokenmogura at 18:56│日記 
世をあげて引きこもる【引きこもり】何処へ向かうのか